So-net無料ブログ作成
検索選択

イジメの時間20話ネタバレ(19話確定) 「又賀を裏切ってイジメの底なし沼に入り込む歩。脱出不可能!?」 [イジメの時間18~30話]

イジメの時間20話ネタバレ(19話確定)



見舞いに来た鶴巻(歩に告白してきた冷たい目の女子)。

そして、
歩は鈴木山の仲間なのか確認してきた。

それを証明してくれという鶴巻。

連れ出された場所には、
又賀という女子。

自分が犠牲になることを覚悟して、
訴えた彼女の行動にどう返すのか。





悲劇の分岐点


今までにも歩の分岐点はいくつかありました。

本気の抵抗を見せられる瞬間。

そして、
この又賀の登場は、
きっと最後の分岐点になるのかなって気がします。

クラスメイトがイジメを疑って、
本人も「いじめられている」と言ってしまえば、
流石に教師も黙っていません。

母親にもバレるでしょうが、
それでも命は助かるでしょう。

良き理解者も現れるかもしれません。

何よりも、
今よりも友達は増えそうなものです。

正直に勇気をもったこと。

これは、
後々に効いてくるものです。

しかし・・・、
きっと歩はここでも勇気の選択を出来ないのでしょう。

いや、
思春期のこの年齢で、
この勇気というのは大人が思っているレベルの勇気ではありません。

会社員であれば、
社長に向かって反旗を翻すくらいの勇気とおなじようなものでしょう。

そうそう出来るものではありません。

そして、
巻かれていくことになります。

もう助けは来ない


又賀のこの勇気ある行動を無下にしてしまえば、
もはや歩に引き返す道は残っていません。

これからも、
ペナルティや訓練の名目で、
傷を増やし続けることになるでしょう。

「あの時言っておけば」

そう感じることがあっても、
すでに嘘に嘘を塗り固めてしまっている自分を取り巻く現状。

後戻り出来ません。

最終的な決断が、
全てを終わらせること。

考えるべきは、
「どの段階で本気で気づく姿勢が必要だったのか」

周囲の大人たちが気づけたのなら、
きっと防げた最悪の結末。

サインはいくらでもあったはず。

しかし、
こちらの都合で見過ごしてしまう現実。

いじめの現場は、
大人達が思っている以上に凄惨なものであるというのを、
今一度認識する必要がありそうですね。

⇒【女子には厳しい写真を拡散の恐怖!?天童歩を救おうとした女子の又賀も刑を受ける!?





google
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。