So-net無料ブログ作成

イジメの時間ネタバレ26話 「天童歩が動き出す!?自力で鈴木山と若保囲を追い込むか!?」 [イジメの時間18~30話]

イジメの時間ネタバレ26話(25話確定)



⇒【26話確定はコチラ

衝撃の25話!!!

まずは簡単なあらすじから。

天童歩の葬儀を見ている歩。

-僕は死んだんだ-

母親への親不孝を謝る。

クラスメイトには悲しむ素振りが
気持ち悪いと感じてしまう。

大人になったら忘れること。

なぜ葬儀に参列しているのか疑問。

でも、
全ては自分のせいだと感じる。

自分の棺桶の中の遺体を見る歩。

辛い世界からの解放。

そう感じた時、
棺桶の中の歩が目を開く。

飛び起きる歩。

全てが夢





1話の伏線回収!?


1話はこのシーンでした。

歩の結末は飛び降りるってことではない
ということでしょう。

そして、
自分自身でこの臨死体験とも言える
葬儀を体感したことで、
気づいたことも多かった気がします。

歩の覚悟!?


一度シンでしまえば、
怖いもんなんて無い!ってことで、
ある程度の覚悟を持って、
鈴木山と若保囲のイジメに立ち向かうこと
になるのかもしれません。

確かに、
彼らは体力的に歩を上回っています。

しかし、
同じ年齢で同じ男。

鍛えることもできれば、
本気で抵抗すれば、
太刀打ちできない相手でもありません。

何よりも、
武器を手に取れば、
相手を圧倒することも可能かも?

その考えからすれば、
もしかしたら歩はイジメられた
人間を刃物などで攻撃する
可能性だってあります。







親への本気の相談?


シぬ前にやれたことはないのか。

それを思える体験。

母親に、
今の現状をはっきりと伝えて、
本気の相談をするって
事も考えられます。

「一人じゃない」

ただそう思うだけで、
人間は強くなれたりします。

又賀は、
歩を救おうとして、
自分自身を貶める結果と
なってしまいました。

それについての謝罪も、
はっきりとしておくのが
いいでしょう。

そして、
イジメっ子を追い込むのだと
すれば、
これは警察介入も可能な事案。

やるからには徹底して。

言ってみれば、
一度コロサレている歩。

引かずに進むことだけが、
このイジメに勝てる方法だと
判断してしまうかもしれませんね。




最後は悲劇で終わると
どこかで思ってしまっていたので、
この歩の夢には衝撃でした。

まだ、
歩がどちらの方向を取るのかは
わかりませんが、
できることならば戦う道を
選んでほしいって思ってしまいます。

ただ、
実際のイジメの事案については、
「完全に逃げる」という
選択も必要だといいます。

それこそ、
引っ越しなどになりますが、
それでも命を優先するために。

子供の時の記憶は、
いつまでも残り続けます。

健全な精神の育成のためならば、
大人が全面的に協力するというのも
必要になることでしょう。

果たして歩はどちらに転ぶ!?





google
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。